土曜日キャッシング

土曜日に急にお金がないことに気付いた、ということもあるでしょう。お給料日前で銀行口座にも残高がないという時には、カードローン評判の良いカードローンを利用してお金を借りる方法がおすすめです。「でも週末は金融機関では休みが多いのに、キャッシングの申し込みからできるの?」と心配になりますね。

 

ズバリ土曜日に申し込みからスタートしてもキャッシングは利用できます。消費者金融や銀行のカードローンのネット申し込みは、24時間いつでも受け付けています。借りたいと思った時にすぐに申し込みができるのです。しかし、ネット申し込みは審査対応時間があります。対応時間を過ぎてしまえば翌日の審査時間になるまで待たなければいけません。

 

ネット申し込みでは、審査や契約などの過程が完了した時間が午後の早い時間(銀行振り込みの対応時間などがありますので、14時前後を目安と考えておくとよいでしょう。)なら即日ネット借り入れが可能になることが多いです。カードローン商品の説明などに当日借り入れのための最終時間が記載されていますので、確認しておきましょう。

 

申し込み時間がその時間を過ぎている場合や、審査などが長引いてその時間に終わらない場合は、直接契約に行ってカードを受け取れば即日借り入れができます。店舗では土日は営業していないことが多いですが、自動契約機と呼ばれる無人で申し込みや契約ができる機械なら消費者金融や銀行では週末ももちろん営業しています。自動契約機を設置していない金融機関もありますので、カードローン選びの際には申し込み方法にどのようなものがあるかチェックしておきましょう。

 

このように、消費者金融や銀行のカードローンを選べば、土曜日に申し込みから初めてもキャッシングをすることは平日とそれほど大きな違いはなさそうです。申し込みの時間帯や審査が完了した時間に応じて契約方法と借り入れ方法を決定すれば、週末でも即日キャッシングは不可能なことではありません。

同系の保証会社

おまとめローンや借り換え専用ローンの比較は、おおまかに「銀行か消費者金融」の二択で決めることができます。ただ、同じ系列のカードでは「審査の結果が変わらない」ということがあるので、ある程度対策を立てて申し込むべきと言えます。同じ系列のカードとは、各金融機関の扱うカードローンを指しています。

 

例えば、三菱東京UFJ銀行のローンは「バンクイック」という名称で貸付けが行われていますが、三菱東京UFJの傘下には「三菱東京UFJフィナンシャルグループ」と呼ばれる子会社があり、ここでは、ローンの貸付けを行う「カードローンのアコム」が、さまざまな融資を行っています。この二社は、親会社と子会社の関係にあり、審査の情報もそれぞれ共有していると言われています。

 

また、同じくメガバンクでおなじみ「三井住友銀行のカードローン」には、カードローンのプロミスが子会社(SMBCコンシューマーファイナンス)として、カードローンの融資を行っています。SMBCコンシューマーファイナンスは、この他にも「カードローンのモビット」を運営しており、それぞれ同じ会社の別ブランドとして、カードローン融資を行っているのです。このため、プロミスの審査に落ちた方がモビットに申し込みをし直したとしても、同じ審査結果がでるか、即否決となるので注意してください。新生銀行のレイクとノーローンも、全く同じパターンと言えます。

 

申し込みをする場合は、銀行ローンの申し込みからスタートして(否決された場合は)子会社の消費者金融ローンに申し込むのが一番良い方法と言えます。ただし、プロミスとモビット、レイクとノーローンのように、おなじ会社の消費者金融がバッティングしないように気をつけてください。